レーザーブレード、トレッズなどが必要な場合は、はじめのエリアで手に入れておく。
ステージ6のボス戦。
ワーロック3はワーロック2の使う攻撃はすべて使える。
急降下が出のスピードがかなり早くなっていて、多段ヒットの攻撃からぬけられた場合はまずよけられないので、ダウンする攻撃を使わなければならない。
さらに、かぎ爪でない方の腕をたたきつける技が追加されている。この攻撃は正面から近づいた時と、逃げ続けたときに使ってくることが多い。たたきつけた後、こちらの位置を狙って来る輪を出してくる。後ろに回り込んで体当たりなどを当てれば止めることが出来る。
さらに、ダッシュの距離が長くなっていて、途中で方向をかえることもできるようになっている。
部下はブレード装備のBワーカーが一体ずつ登場。

普通に前に出ると腕たたきつけがくるので、フレイムで動きをとめて攻撃する。ワーロック3とBワーカーが同じ方にいる場合は、一度にフレイムが当たるように誘導すると良い。
フレイムから攻撃につなげる。
レーザーブレードかトレッズが良い。
必ず ダウンさせる。
追い打ちを入れる。

ワーロック2と同じで、起きあがりに飛行する。
急降下の出が早いので、起きあがる前に逃げておく。
後ろに逃げてから、y軸の上か下の広いほうに行って、また元いた方向に戻ってくるように、Uターンするような感じで逃げると、飛行からの3種のどの攻撃が来てもよけられる。
起きあがる前に上か下に逃げても良い。急降下だったらそれでよけられるので、急降下以外だったら、見てよければよい。
ターボジェットがある場合は、相手が飛行する前にこちらが飛行すれば確実に逃げられる。


□メニューに戻る